読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*フクロウと出納帳*

しあわせのためのお金の話

住宅ローン控除の住民税の減額結果。一年目。

旦那さんの給料明細と一緒に

入っていました。

 

平成28年度 給与所得等に係る

市民税・県民税 特別徴収税額の決定通知書!!

 

毎年、6月に前年度の年収から計算された

住民税に変わりますよね。

 

いつもは

ふーーん、高いなーー。

なんて、流し見していたのですが、

今年はちょっと違うのです。

 

今年の2月に

住宅ローン減税の為、初めて確定申告をしていました。 

fukurosuitocho.hatenablog.com

 

我が家の住宅ローン残高だと

257,500円の控除額だったのですが

 

旦那さんの払っている所得税

96,000円だったので

そこまでしか還付されていなかったのです。

 

所得税から控除しきれなかった分は

最大136,500円まで住民税から控除されるので、

 

人生で初めて!笑

この通知書を心待ちにしていたのです。

 

いくら安くなってるのかな、とわくわく。

 

 

平成27年度の通知書と

いま来たところの平成28年度の通知書を

見比べていきます。

 

まずは年収。

平成27年度 4,355,217円

(内、税金がかかるのは2,941,600円)

平成28年度 4,316,489円

(内、税金がかかるのは2,912,800円)

 

ほとんど変わりなし。

若干減ってしまっているのが、バレました。笑

 

そして、所得控除。

基礎控除は330,000円。

 

平成27年度

社会保険料 673,660円

生命保険料 17,411円

合計 1,021,071円

 

平成28年度

社会保険料 651,448円

生命保険料 17,411円

地震保険料 7,715円

合計 1,006,574円

 

 

さて、そこから税額を見ていきます。

 

全国、基本的には

市民税が6%、県民税が4%。

名古屋市だけは市民税が5.7%で安いようですね。

 

そこにプラス、

市民税が3,500円

県民税が1,500円

均等割額としてかかります。

 

平成26年度から10年間は

東日本大震災の復興のため

それぞれ500円ずつ上がっていたんですね。

(元々は市民税3,000円、県民税1,000円)

 

そしてさらに、我が家のある愛知県は

あいち森と緑づくり税なんてものが

追加で500円かかっています。

平成30年までだそうです…。

 

 

そして計算していくと、

 

平成27年度

控除された金額は2,500円。

徴収額は195,000円。

 

毎月16,200円ずつ支払っていました。

 

そして今年!

平成28年度

控除された金額は131,580円!!

徴収額は64,500円!!

 

なんと、毎月5,300円になりました!!

毎月、10,900円のダウンです!!

 

無事、住民税の減額がされていました。

良かった、良かった。

 

トータルでいうと

所得税から96,000円、

住民税から131,580円の減税がされ

227,580円の税金を支払わなくて良くなったのです。

 

これは…

逆の意味ですごいですね。

 

いままで

そんなに税金を払っていたのか。苦笑。

 

 

 

 本日もお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする