読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*フクロウと出納帳*

しあわせのためのお金の話

預金利回り0.00%の時代。閉塞感の中で、小さく息づくこと。

お金の話

大手銀行、三菱東京UFJ銀行と、みずほ銀行の預金利回りが

ついに!!

0.00%になったとニュースが出てました。

 

…ゼロ?!笑

 

ゼロって、もう、預ける意味

ほんとにないじゃない。笑

 

いままでだって

かろうじて、

ほんとにかろうじて

ちょっと付いてたのに。

 

ついに0.00%なんですって…。

 

マイナス金利が導入されて

約一年。

 

日銀のマイナス金利について考える。 - *フクロウと出納帳*

 

1年経過した今

このマイナス金利の経済効果は

正直まったくイイほうへは見えてきていないですね。

 

 

自分の家計簿をみてもそうなんですが

どのご家庭もきっと

お金の流れが悪いんですよね。

 

お金や将来の不安なんかから

とにかく手元にお金を残すことを考えてしまう。

 

消費は

できるだけしない。

 

それでも

支払うべきものは毎月毎月たくさんあって。

 

そのままズバリ。

“支払い”ばかりあって

“消費”はしない。

 が現状じゃないでしょうか。

 

ずっとずっと

息苦しい感じですよね。汗

 

お金ってなくなる方はほんとに簡単になくなってしまうのに

手に入れるのは、結構大変。

 

コンビニで1,000円払うのは簡単なのに

100円のお金でも、手に入れるためには

何かしら労力や時間、知識なんかがいるわけです。

 

まずいちばん確実なのが

働いて賃金を得ること。

 

これは誰しもやっていて

生活に基本になるところ。

 

だけど、これにも限界は必ずあります。

 

その他にと考えると

少なからずリスクを負っていかないと

お金は増えてはくれないのです。

 

負けなしの、株式投資の法則。 - *フクロウと出納帳*

 

昔みたいに

銀行にお金を預けるだけで

利息が8%もついた時代になんて

きっともう戻らないでしょうから。苦笑

(わたしのおばあちゃんがよく言っていた。笑)

 

 

もうずっとずっと

何年も

 

日本はどこか閉塞感に苦しんでいるような気がします。

 

誰もが

小さく、細く、

息を吸い込んで

 

やっと生きている。ような。

 

大きな世界なんて救えないけれど、

小さな自分や家族だけでも何とか守っているような。

 

そういう時代、です。

 

我が家の家計も

紛れもなく

そういう時代に生きているひとつ。

それでも、毎日を生活していくしかないんです。

 

いつか、誰もが

のびのびと深呼吸できる時代が来るといいですね。

 

 

本日もお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする