*フクロウと出納帳*

しあわせのためのお金の話

やる気は出そうと思っても、出ないものなのだと。やる気の出し方はただひとつ。

やる気に満ち溢れている日もあれば

 

体にのしかかる重力を押しのける力すら出ない日もある。

 

わたしは

どちらかと言えば

ぐーたら欲に流されやすく

そしてゆっくりする幸せをも通り越しちゃって

なんで何もしないでこんなに時間が過ぎてしまったんだ。と

 

絶望するタイプ、なんです。笑

 

 

昔、一時期ですが

塾で働いたことがありました。

 

その時

受験生に向けて

応援メッセージを!なんて時に

 

何を書けばいいだろう…。と

アイディアを探したことがあったのです。

 

先人たちのメッセージは

心に刺さるものもたくさんあるでしょう。

 

心に刺さった瞬間

やる気になって机に向かえることもあるでしょう。

 

勉強だけじゃなく

人生においてやる気を出さなきゃいけないことは

数多くあります。

 

朝起きることから始まり

仕事場に向かうこと。

 

そうじや、洗濯、ごはんづくり。

 

夏の暑い日に髪をドライヤーで乾かすことだって

冬の寒い日にトイレに立ち上がることだって。

 

そして

ブログのネタに困って

書き溜めた記事がどんどん減っていっている時だって。笑

 

「やる気出せよ!!」

叱責を受けそうです。汗

 

 

そんな

自分のなかなかやる気が出せない性格から

 

唯一、心に残った言葉。

 

「やる気なんてどれだけ待ってても、出ない。」

 

そうなんです。

 

あと5分。あと10分。と待っていても

平気で1時間過ぎるだけです。

 

そして今日も終わっていってしまうのです。

 

 

 

ただ、

わたしが知っている、やる気を出す唯一の方法。

 

それは

やり始めること。

 

だらだら、うだうだでもいいから

とにかく始めること。

 

勉強なんかは特にそう。

 

1問で終わってしまうかもしれないくらい

やる気がなくても

 

やり始めれば

もう少し、あと少しと思えてくるものです。

 

始めるまでは

ずっしり重たくうんざりするようなことでも

 やり始めると、ゴールを見るようになるんです。

 

ここまでやろう。

これだけやれば終わる。

 

見えるゴールには

進むことができるようになります。

 

いつの間にか

気分が乗ってくることだってあります。

  

 

むずかしい話をするなら

脳科学的に自己知覚というものらしいですね。

 

やる気があるから勉強するんじゃなく

勉強するからやる気が出るそうです。

 

楽しいから笑っているのではなく

笑っているから楽しく、

 

悲しいから泣くのではなく

泣いているから悲しいんです。

 

そうやって脳が、体の動きや環境から

判断しているのです。

 

順番が逆なんですね。

 

今日も、明日も、明後日も

やるべきことはたくさんあります。

 

そしてなにより

時間には限りがあるのです。

 

やりたいことをやるためには

やるべきことをやらなくちゃいけない。

 

人生は

一生その繰り返しです。 

 

本日もお付き合いいただき

ありがとうございました。 

 

 

 

 

広告を非表示にする