*フクロウと出納帳*

しあわせのためのお金の話

年収600万円はたった9%。働き方を選ぶ勇気。

人生の中で

大きなウエイトをしめる
仕事の時間。
 
生活していくためには
お金を稼がないといけないので
多くの人がたくさんの時間を
仕事に使っているでしょう。
 
働いている人の中で
年収が600万円を超えているのは
たった9%!しかいないそうです。
 
ちょっと驚いてみたものの
よく考えれば
わたしも、旦那さんも
600万円はほど遠い年収でした。苦笑。
 
年収600万円は
ボーナスが3ヶ月だとして
月給に計算すると40万くらいでしょうか。
 
そう考えると
結構ハードルが高いような気もしますね。
 
 
 
我が家の旦那さんの年収が
だいたい430万円ほど。
 
毎月の手取り額は
26~28万くらいで、30万いかないくらいです。
 
家を建てていた頃
まわりの友達の年収を聞くことがあって
500万~600万の友達が多かったのです。
 
それを聞いて
きっと旦那さん的には
なにか思ったようで
転職しようかなと言っていた時期がありました。
 
ちょうどそんな時期
同じ業界で
有名で大きな企業2社から
うちに来ないかと声を掛けてくださったのです。
 
年収はきっと上がるでしょう。
 
しかし、
家からの通勤も遠くなり、
休みもバラバラ。
 
声を掛けてくれた方の話を聞くと
2~3日帰れないこともあり
会社自体も軍隊のように厳しいと言っていました。
 
どうしようかと相談され
わたしが言ったこと。
「思うようにしたらいいよ。
けど、そんなにがんばらなくてもいいよ。」 
 
しばらく悩んでいた旦那でしたが
 結局はいまの会社にそのまま残ることにしたんです。
 
 
毎月にしてみれば
きっと数万円の差。
 
そのために
人生がつらくなるような選択を
してほしくなかったのです。
 
今の会社は
たしかに年収の上がる見込みもあまりないし
中小企業です。
 
それでも
とてものんびり仕事が出来ていて
同僚とも仲良くやっているみたいです。
 
もう、それだけでいいんです。
 
生活できないほど
困窮しているわけではないし、
それなりに楽しく生きていけています。
 
 
自分の生活をなくしてまで
少しでも多くのお金を手にする。
 
それはそれで
何十年経てば
追いつかないほどのお金の差が出てくるでしょう。
 
それは
人それぞれの価値観であり
正解は決められるものではありません。
 
 
今もし
自分の時間すら作れなくて
疲れてしまっているのなら、
 
今もし
毎日働いてこれだけしか貰えないと
嘆いているのなら、
 
人生の大きなウエイトをしめる
仕事の働き方を考え直してみてはいかがでしょうか。
 
 
転職は勇気のいる行動ですが
それによって生活は確実に変化します。
 
わたしもこれまで
2回転職しましたが
転職してよかったと思えています。
 
 
人生は一度。
今年も一度しかないし
今日も一度しか来ないのです。
 
お金は必要だけれど
人生はお金だけじゃない。
 
しあわせに生きられてこそ
自分の人生を生きたといえるのではないでしょうか。
 
 
本日もお付き合いいただき
ありがとうございました。
 
 

 

 

 

 
 
広告を非表示にする