読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*フクロウと出納帳*

しあわせのためのお金の話

からだの為に、ちょっとこだわっている食材。

健康第一

とは
どこにでもあるありきたりな言葉ですが
 
ほんとに
健康は第一だと思うのです。
 
人間みんな
同じように年老いていって
どこかしらからだに
ダメージが出てきてしまうものでしょう。
 
仕方がないことだけど、
自分自身で気をつけて
少しでも長く
健康なからだを維持することは
できると思うのです。
 
わたしの場合
おでぶにならないように、苦笑
ストレスにならない程度の
食材のチョイスをしています。
 
どれだけ
いいものだって
高かったり、まずかったりしては
続けられないので
あくまで
簡単に食生活に取り入れられるものだけです。
 
 
 
まずは
お米。
 
前にもご紹介したことがありますが、
なるべく
雑穀米を食べるようにしています。
食べやすくて
おいしい、
おすすめの雑穀米は
はくばくさんの十六穀米。

旦那は
白米好きなので
雑穀米はあまり食べないのですが
はくばくさんの十六穀米なら
おいしいと食べてくれます。
 
 
そして料理で使う油は
オリーブオイルを使ってます。

 
オメガ3、オメガ6、オメガ9というのを
聞いたことがありますか?
 
 
オイルの種類は
この3種類に分けられ、
普通の食生活をしていると
オメガ6のオイルを取り過ぎているそうです。
 
オメガ6とは
よく安価で売られている食用油
サラダ油、ゴマ油、コーン油。など。
お肉の油もそうです。
牛肉、豚肉、鶏肉。
マヨネーズもです。
 
こう見ると
オメガ6のオイルは
知らず知らずに
取ってしまいがちなんですが、
 
取り過ぎると
善玉コレステロールを減らしてしまったり
アレルギーを促進してしまったり
からだに悪影響なのです。
 
 
逆に
オメガ3。
 
このオイルはオメガ6と
真逆の働きをしてくれ
悪玉コレステロールを減らし
アレルギーを抑制。
脳の働きや、からだの基礎代謝にも
いい働きをしてくれる
ぜひとも取りたいオイル。
 
オメガ3のオイルは
アマニ油、しそ油、青魚の油。
 
…。
 
めっちゃ取りにくい!
てか、アマニ油ってなによ?!
 
ぐぐったら
結構お値段するんです。

 
とってもいいのはわかるけど
最初は手を出しても
高くて
効果は出るまで続けられない。泣。
 
そこで
オメガ9のオイル。
 
このオイルも
からだにいい効果があり
悪玉コレステロールを下げ、
腸や胃にも良く
便秘も防いでくれる効果が。
 
オメガ9のオイルは
オリーブオイル。
 
オメガ3のオイルは
日常使いしにくいけれど、
 
オリーブオイルなら
スーパーでも手に入るし
使いやすい!
 
我が家は揚げ物とかは
ほとんどしないのですが
 
炒めものもオリーブオイル使っています。
 
 
そして
本みりん。

 
みりんを入れると
料理がつやっとし、
コクが出ておいしくなりますよね。
 
スーパーで見てみると
みりんはみりんでも、
みりん風調味料というものが
売られています。
 
本みりんと比べると
みりん風調味料のが安い。
 
だけど、
原料が全然違うんですね。
 
本みりんは
もち米から作られていますが
 
みりん風調味料は
水あめから科学的にみりんに似せて作られているものなんです。
 
それを知ってしまうと
ちょっとくらい高くても
本みりんを選んで買うようになりました。
 
 
あともうひとつ。
お砂糖。
 
我が家では白砂糖や三温糖などは使いません。
 
てんさい糖かきび砂糖を使うようにしています。
 

白砂糖は
血糖値の上下が激しく、
からだを冷やしてしまうそうです。
 
三温糖も見た目が茶色いので
からだに良さそうな印象がありますが
もともとは白砂糖などを煮詰めて
色がついたもの。
 
てんさい糖やきび砂糖は、
ミネラルや栄養素が高く
血糖値の上下がゆるやかなのです。
 
また、
この中で唯一からだを温めるお砂糖は
てんさい糖なのです。
 
どんな料理でも
普通のお砂糖と同じようにつかえばいいので、
味が変わってしまったりとか
困ったことは一度もありません。
 
 
 
我が家で
何も不自由なく取り入れられて
ちょっとだけ健康に気を使っているものたち。
 
食は毎日毎日
からだに取り入れて
からだをつくっているもの。
 
塵も積もれば山となる。
食生活はいずれ
健康にも、
不健康にも、つながっていくのだと思います。
 
家族の健康を守るのは
わたしの使命なのです!
 
 
本日もお付き合いいただき
ありがとうございました。
 
 

 

 

 

 

 
 
 
 
 
広告を非表示にする