読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*フクロウと出納帳*

しあわせのためのお金の話

スマートすぎる、SBI損保さんの事故対応。

お金の話

あれは

1月22日。

 

旦那さんが

車で事故を起こしてしまいました。

 

旦那さんもボーッとしていたと言っていましたが

相手はかなりのおじいさん。

 

旦那の前を走っていたおじいさんが

右に曲がろうと中央線に寄っていったので

左から抜けようとしたら

 

急に右に曲がってきたそうです。

 

きっと道を間違えて

慌ててハンドルをきったのでしょう。

 

 

そんな事故があり

加入していた自動車保険

SBI損保さんにお世話になることになりました。

 

このSBI損保さん。

他社さんとくらべて

とにかく保険料が安いのです。

fukurosuitocho.hatenablog.com

 

保険は

保険料じゃなくて

事故対応力ですよ!と言われる方がいますが

正直、そんなの

実際に事故らないとわかりません。

 

 

昔、わたしが事故した時に

知り合いがいたので加入していた農協の自動車共済は

正直、対応力がどうとか以前に

ほとんど対応してくれませんでした。泣。

 

相手の保険会社と

弁護士を挟んで示談交渉したのも

自分でやりました。

 

あれは今思うとなんだったんでしょう。怒。

 

「農協の保険はくその役にもたたない」と

当時私が勤めていた会社の社長に言われました…。

 

 

そんな経験があるわたしは

いざとなれば

自分でだって示談交渉できるし!と

強気で

とにかく保険料の安いSBI損保に加入。

 

 

今回

SBI損保さんで

両方の支払いが終わったとのことで

連絡が来たので

振り返ってみたいと思います。

 

先にお伝えすると

保険料は安いのに

何も問題がなく

とってもスマートな事故対応でした!!

 

次回更新も

もちろんSBI損保さんでお願いします!!

 

 

まずは第一報。

事故した当日

SBI損保さんへ事故連絡。

 

旦那の車も

バンパーに大きく傷がついていたので

車両保険を使って直すことを伝えます。

 

ちなみに

SBI損保さんの車両保険は

対車なら免責0で使えますよ。

 

相手の車も

へこんでいたそうなので対物保険で。

 

今回の事故は

両方に過失があり

10:0にはならないので

保険はどうしても使わないといけない状況でした。

 

旦那の車の修理では

ディーラーに行って修理見積もりしてもらうの

めんどうだなーなんて思っていると

 

「提携している修理工場があるので

自宅までお伺いしてお見積りをさせていただきます。

すぐに修理工場より

お伺いする日時をご連絡します。」

 

とのこと!

 

へぇぇ〜!家まで来てくれるの!

 

その後

数分で自宅の近くにあった

板金屋さんから電話が入り、

事故の次の日には

車を見に来てくれました。

 

その頃

SBI損保さんからは

事故受付メールが来ています。

(画像の中の、名前や番号などは消しています。)

f:id:fukurosuitocho:20160220220304j:image

 

 

SBI損保さんには

パソコンやスマホから

保険内容の確認や

保険更新ができる

マイページがあります。

f:id:fukurosuitocho:20160220220326j:image

 

 

今回の事故の進捗情報

マイページから見ることができるように

なっていました。

f:id:fukurosuitocho:20160220220440j:image

 

 

そして

進捗情報が更新されると

その都度メールでお知らせが届きます。

f:id:fukurosuitocho:20160220220340j:image

 

1週間で車も直り

ピカピカになって戻ってきて

 

いつも通りの生活をしていたら

いつの間にか

事故対応は完了していました。

f:id:fukurosuitocho:20160220220355j:image

 

えッ!!スマート!!!

 

電話連絡も最初の日のみです。

仕事中とかにかかってきて

こそこそ電話しなくてもいいのです。

 

つまり

第一報を入れただけで

あとはすべて対応してくれたSBI損保さん。

f:id:fukurosuitocho:20160220220412j:image

 

ありがとうございました!

 

こまめに電話連絡をしてくれた方が安心って方は

すこし寂しく感じるかもしれませんが

 

事故のことなんて

一刻も早く片付けて

いつもの日常に戻りたかったわたしは

この無駄のなさに感動しました。

 

 

今回は

怪我などがなかったので

過失割合で争うことはなかったのですが

 

わたしの自分で示談交渉の経験からすると、笑

無料で相談できる弁護士さんが

必ずいるので

保険会社が言う過失割合が納得できなければ

自分で相談することもできますよ。

 

 

車は便利で

わたし達の住む田舎では

なくてはならない交通手段。

 

自動車保険

ドライバーにとって

入らなきゃいけない責任です。

 

 

本日もお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする