読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

*フクロウと出納帳*

しあわせのためのお金の話

これだけはケチってはいけない日用品。

生活をしていると

欲しいわけじゃないんだけど必要不可欠で

毎月なにかしら

購入している日用品、消耗品。

 

消耗品だからって

なんでもかんでも

安い方がいいわけではないんです。

 

よく言われる

「安物買いの銭失い。」

 

これは良く言ったもので、

こんな語呂合わせがよくて

こんなに正しい言葉は

そんなにありません。

 

日用品、消耗品のなかで

ケチっていいものと

ケチってはいけないものがあります。

 

言ってみれば

数十円、数百円の差で

品質の差があまりにも大きいものが

ケチってはいけないものなのです。

 

 

わたし的に

これだけは絶対に安物を買わないと決めているもの。

むしろこれ以外は使わないと決めているもの。

 

①歯磨き粉

恋するハミガキ デンティス。

いや、恋してるから使ってるわけじゃないんですよ。

一時期CMでかなり見ましたが

朝起きてすぐキスできるハミガキだそうです。照。

 

ちょっとお値段が高いだけあって

300円の歯磨き粉とはさっぱり感がかなり違います!

ほんとに朝起きた時も

口が気持ち悪くないんです。

 

一時期、疲れからかなり体調が悪く

口臭や口の気持ち悪さが何をしても治らない時がありましたが

その時もデンティスが助けてくれました。

 

それ以来

使い続けている一品。

 

歯は、一生ものじゃないですか。

一度ダメにしてしまったら

最悪入れ歯になってしまったり。

 

そんな歯を毎日何度も磨くんですから

いいものを使ってあげましょう。

 

サランラップ

サランラップか、クレラップ

  

これはわかってくださる方が多いのではないでしょうか!

安物との品質の差は

天と地ほどあります!

 

安いラップは下手したら

うまく切れず、うまくくっつかず、

イライラして使わず捨ててしまうほど。

 

たった数十円の差ですが

超えられない壁がここにはあります。

 

③食器洗い洗剤

マジカか、キュキュット

 

食器洗い洗剤はきっと個人の好みもあるので

使っている種類は違うかと思いますが、

 

これこそ

100均とかで得体の知れない洗剤を買うよりか

ドラッグストアでちゃんとしたメーカーのものを買いましょう。

値段の差はないに等しいです。

 

100均のちょっと大きな洗剤は

ほんとにしゃびしゃびなので

油汚れなんか全然落ちません。

 

キュキュットなら一滴で落ちる汚れも

安物洗剤は10倍くらいは洗剤が必要なくらいかと。

 

わたしは

マジカとキュキュット

油汚れもちゃんと落ち、

手荒れもしない洗剤なので

気分でどちらかを選んでいます。

 

ちなみに

マジカはパッケージを剥がすと

キャップが黒、ボトルが白で

モノトーンになるので

キッチンでそのまま使えて便利。

 

④トイレットペーパー

ネピアか、スコッティ。

 

 

これも絶対に譲れません。

たまに魔が差して50円安いのを買った日には

旦那から大ブーイングです。

 

安いトイレットペーパーは

ほんとにごわごわ。

 

意外とパッケージの外から見た感じだけでは

柔らかさがわからなかったりするので

もう冒険せずに

決まったものだけを買うようにしてます。

 

 

毎日使うもので

わたしがこれだけは

ケチらないと決めているものたち。

 

使ってすぐ無くなるものだから

ちょっとでも安いものを、と考えてしまいがちですが、

その数十円の差で

生活の質は格段に変わります。

 

生活の質は

人生の質でもあります。

 

より良い人生には

サランラップは必要不可欠なのです。真剣。

 

本日もお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする